UVケアは身近な食べ物でもできる、紫外線対策に効果的な食材と良くない食材をプロが伝授

紫外線は肌の老化やシミ、そばかすの原因に。日焼け止めや日傘などの外側からの対策だけではなく、食べ物で内側からもケアすることが大切です。本記事では、紫外線対策に効果的な栄養素や食材の選定について、トータルビューティーサロンを運営する嶋田純子さんが紹介します。この夏はインナーケアから肌のダメージを防ぎ、美しい肌を保ちましょう。

紫外線対策には、肌の抗酸化力を高めたり、メラニン色素の生成を抑えたりする効果が期待できる栄養素が効果的です。

紫外線対策に効果的な食材

ビタミンC
レモンやイチゴなどの柑橘類や赤い果物に多く含まれるビタミンCは、肌のコラーゲン生成を促進し、紫外線によるダメージを修復する働きがあります。また、メラニン色素の生成を抑制することで、シミやそばかすの予防にも効果的です。

ビタミンE
ナッツや種子類、植物油などに多く含まれるビタミンEは、肌のバリア機能を強化し、紫外線による酸化ストレスを軽減する働きがあります。また、ビタミンCと一緒に摂取することで、相乗効果が得られます。

リコピン
トマトやスイカなどの赤い野菜や果物に多く含まれるリコピンは、強力な抗酸化作用を持ち、紫外線による肌老化を防ぐ働きがあります。特に加熱したトマトにはリコピンが豊富に含まれるため、トマトソースやトマトジュースなどがおすすめです。

ポリフェノール
緑茶やぶどうなどの飲み物や果物に多く含まれるポリフェノールは、紫外線から肌を守るだけでなく、美白効果や抗炎症効果も期待できます。特に緑茶に含まれるカテキンは、メラニン色素の生成を抑えることでシミの予防にも役立ちます。

コエンザイムQ10
肉や魚、卵などの動物性食品や大豆などの植物性食品に含まれるコエンザイムQ10は、細胞内でエネルギーを生み出す働きがあります。また、紫外線によって減少するコラーゲンやエラスチンを保護することで、肌の弾力やハリを保つ効果も。

朝食をしっかりと摂り、水分補給をこまめに行い、夜食を控えるといったことも、肌の新陳代謝を促し、美肌作りの基本となります。また、以下のような食材は控えるようにしましょう。

紫外線対策に良くない食材

砂糖
体内で酸化されやすく、活性酸素を増やす原因になります。また、砂糖とタンパク質が結合してAGEs(終末糖化産物)という物質が作られると、コラーゲンやエラスチンの劣化を促進し、肌の弾力やハリを失わせてしまいます。砂糖の摂り過ぎは肌の老化やシミの原因になるので注意しましょう。

カフェイン
利尿作用があり、水分不足や栄養素の排出を促進し、肌に悪影響を及ぼします。カフェインの摂取量は1日に300mg以下が目安。コーヒー1杯(150ml)には約80mg、紅茶1杯(150ml)には約40mg、緑茶1杯(150ml)には約30mgのカフェインが含まれています。

アルコール
体内で分解される際に活性酸素を発生させ、アルコールは血管を拡張させて血流を増やすため、体温が上昇し発汗量が増えるため、水分不足や栄養素の排出を促進し、肌に悪影響を及ぼします。アルコールの摂取量は1日に20g以下が目安です。ビール中ジョッキ1杯(500ml)には約20g、日本酒一合(180ml)には約22g、ワイングラス1杯(120ml)には約11gのアルコールが含まれています。

紫外線は肌の老化やシミ、そばかすの原因になります。紫外線対策には、外側からのケアだけでなく、内側からのケアも大切です。効果的な食材を毎日の食事に取り入れて、美しい肌を保ちましょう。

嶋田さんのコメント
紫外線対策をする事は美肌を保つために大変重要です。外側からのケアとしては、日焼け止めを塗る・帽子や日傘などで日差しから体をさえぎる事で予防できます。そして、さらに紫外線対策に有効な食事を摂る事で内側からのケアも効果的です。体の外側からと内側からの両方のケアについての正しい知識を身につけて、美しい肌を保ちましょう。

株式会社PLAS Wam 代表取締役 兼 ヘアー&トータルビューティーサロン「Wam: hair &total beauty」オーナースタイリスト・嶋田純子

監修者 株式会社PLAS Wam 代表取締役 兼 ヘアー&トータルビューティーサロン「Wam: hair &total beauty」オーナースタイリスト・嶋田純子

美容師になってからの重度の手荒れと、幼少期からの重度のアトピー性皮膚炎に苦しんできた経験から、同じように肌の弱い方が安心して使えるよう、自身が良いと実感した馬油を主成分とした敏感肌専用スキンケア商品を開発、販売している。

元記事⇒エルザ

関連記事

  1. 『アホ毛』は抜いちゃだめ!」、美容師に聞く原因と対策、目立たなくする方…

  2. 白髪の量によってうまく隠せる方法が違う!白髪を目立たなくさせる方法#現…

  3. お風呂の排水口にぎっしりたまった髪の毛…。抜け毛は何本なら“抜けすぎ”…

  4. ドライヤーの“冷風”なんのため?「髪が傷む」は過去の話、ヘアアイロンの…

  5. 入浴後、すぐに髪を乾かした方がよい? 自然乾燥させても大丈夫? 美容師…

  6. 1、2本なら抜いちゃってた…!白髪を絶対抜いたらダメな理由#現役美容師…

Verified by MonsterInsights