入浴後、すぐに髪を乾かした方がよい? 自然乾燥させても大丈夫? 美容師が解説

入浴後、すぐにドライヤーで髪を乾かす人もいれば、ある程度、自然乾燥させてからドライヤーで髪を乾かす人もいます。髪がぬれた場合、すぐにドライヤーで髪を乾かした方がよいのでしょうか。それとも、ある程度、自然乾燥させてからドライヤーを使っても問題ないのでしょうか。

敏感肌専用のスキンケア商品「COCOMAYU(ココマユ)」の開発、販売を手掛けるPLAS Wam(兵庫県加古川市)社長で、美容師の嶋田純子さんに聞きました。

自然乾燥は髪が傷む原因に

Q.髪は入浴後、すぐにドライヤーで乾かした方がよいのでしょうか。それとも、ある程度、自然乾燥させてからドライヤーを使っても問題ないのでしょうか。

嶋田さん「髪は入浴後、すぐにドライヤーで乾かすことをお勧めします。ある程度、自然乾燥で乾いた場合でもそのまま放置するのではなく、ドライヤーでしっかり乾かしてほしいと思います。

髪をしっかり乾かさなかった場合に生じるリスクについて、説明します。髪がぬれた場合、髪は『水軟化』という状態に変化し、物理的なダメージにとても弱くなります。例えば、水軟化した髪は、引っ張ると伸びて切れやすい状態となっています。

髪の表面には、『キューティクル』と呼ばれる半透明のうろこ状のものが重なっています。これは、さまざまな刺激から毛の内部を守るために大事なものです。キューティクルはぬれると開き、乾くと閉じる性質がありますが、キューティクルがしっかり閉じていない状態のまま寝ると、髪同士の摩擦のほか、髪が枕やシーツに触れた際の摩擦によってキューティクルがはがれやすくなってしまいます。

このほか、髪をぬらしたまま寝ると、パーマやカラー、トリートメントが取れやすくなるデメリットがあるほか、寝くせが付きやすくなるので、朝のスタイリングに時間がかかってしまうことになります。

髪のツヤにも大きな違いがあります。自然乾燥だとキューティクルが均一に閉じてくれません。一方、キューティクルの向きに沿って上から下へ、つまり根元から毛先に向かってドライヤーの風を当てていくと、うろこ状のキューティクルが均一に閉じるため、髪にツヤが出ます。髪のツヤのためにも、ドライヤーですぐに乾かすことをお勧めします」

Q.髪をぬらしたまま放置すると、頭皮にどのような影響を与えるのでしょうか。

嶋田さん「髪をぬらしたまま放置したり、髪がぬれた状態で寝たりすると、頭皮に雑菌が繁殖しやすくなるため、頭皮から臭いが発生する原因となります。ひどい場合はかゆみや炎症につながるほか、頭皮の肌荒れが長く続くと、薄毛につながる可能性もあると思います」

Q.毛量が多い人の場合、入浴後すぐにドライヤーで乾かそうとしても、なかなか乾かないことが多いようです。この場合、どうすれば無理なく髪を乾かすことができるのでしょうか。

嶋田さん「まずドライヤーを当てる前にブラシやくし(コーム)などで髪の絡みやもつれを取ってください。髪がほぐれた方がドライヤーの風をまんべんなく当てることができます。

そして、タオルでしっかりと髪を乾かしましょう。吸収性の良いタオルを使うと、タオルだけで多くの水分を取り除くことができます。毛量が多い人がこれらの方法に取り組むと、髪の乾きがだいぶ違ってきます。

髪を効率的に乾かすには、ドライヤー選びも重要です。風量の弱いドライヤーでは全体を乾かすのに時間がかかってしまいます。風量の強さは、ドライヤーの購入時に確認しておいた方がよいでしょう。

ドライヤーの当て方ですが、タオルを巻いたままドライヤーを当てる方法があります。ドライヤーによって発生した水蒸気をタオルが吸収し、さらにタオルの細かな繊維から空気中に効率よく蒸発させてくれます。また、タオルで髪を拭きながらドライヤーを当てる方法があります。タオル地で作られた手袋などが売られているので、こうした製品を活用するとよいでしょう。

このほか、髪を上下のブロックに分けた上で、クリップで止めて半分ずつ順番に乾かしていく方法もあります。毛量が多い人は、髪の内側が乾きにくいのでこの方法もお勧めです。

髪をぬらしたまま放置すると、髪にとっても頭皮にとってもよくありません。ただ、仕事などで疲れてしまい、風呂上がりに髪を乾かす余裕がなく、すぐに眠りたいときもあると思います。このような場合は、寝る前ではなく、翌朝に髪を洗うとよいかもしれません」

(オトナンサー編集部)

 【図解で丸わかり!】髪にとって重要な「キューティクル」の役割 健康な髪と傷んだ髪の比較画像も

嶋田純子(しまだ・じゅんこ)

美容師

幼少期から重度のアトピー性皮膚炎に、美容師になってからは重度の手荒れにそれぞれ苦しんできた経験から、肌が弱い人が安心して使えるような美容製品の開発を目指し、PLAS Wam(兵庫県加古川市)を設立。自身がよいと実感した馬油を主成分とした敏感肌専用のスキンケア商品「COCOMAYU(ココマユ)」を開発、販売している。また、ヘアー&トータルビューティーサロン「Wam:hair&total beauty」では、オーナースタイリストとして、ヘアー全般、ネイル、アイラッシュメニュー、脱毛などを提案している。「COCOMAYU(ココマユ)」(https://cocomayu.jp/)。

元記事⇒オトナンサー

関連記事

  1. 韓国コスメ入門ガイド:失敗しない選び方とアイテム使いこなし術をプロが伝…

  2. コンシーラーで小顔になる! 顔のパーツ別に効果的な塗り方をプロが徹底解…

  3. 若いうちから続けてほしいスキンケアは「紫外線対策」光老化に気をつけて!…

  4. 【専門家解説】室内でも日焼け止めは必要? 朝塗るだけでは不十分、時間帯…

  5. 朝のメイクで差がつく! 夏も美白を守るUVケア美容ルーティンをプロが伝…

  6. 爪をピカピカに整える爪磨きおすすめ8選。プロによる正しい頻度ややり方も…

Verified by MonsterInsights